HOME

スポーツ自転車を愉しむ 自転車通勤 車道走行の注意点

車道の危険なポイント

法律上自転車は車道の左側を走行するもの。車も横行し危険なポイントも多い。

・路駐車に注意!!
急にドアが開いたり、動き出してりと危険です。
車の陰から人が飛び出してくることもあります。
また後続車が来ていないか確認が必要です。 

・段差や側溝に注意!!
 段差や側溝にタイヤがとられ転倒することもあります。

・歩道から突然車道に出てくる自転車にも注意!

・ながら走行は禁止!!
携帯電話を使いながら、音楽プレイヤーを聞きながら、これでは危険の察知・退避ができません。

・スピードの出しすぎに注意!!
車と同様、自転車も急には止まれません。
常に安全に止まれるようスピードでの走行を心掛けましょう。


・並走は禁止!!
自転車同士での並走は道幅を狭めて車や歩行者の邪魔になります。
同時に自らも危険にさらされますのでやめましょう。

交差点はココに注意!

歩行者・車・自転車が行きかうのが交差点。そこには多くの危険が潜んでいます。

・黒い服装は控えましょう
・信号を守る
これは当然のルールです。
信号が点滅しているから急ぐのではなく止まりましょう。焦りは事故のもとです。
・左折車に注意
左折車に巻き込まれる事故が非常に多いです。
車からは斜め後方は死角で見にくいので車を先に行かせたほうが安全です。

・歩行者優先
横断歩道は歩行者優先です。
自転車専用部分を走りましょう。
また混雑している場合は自転車を押してわたりましょう。

・右折は二段階
右折するの際、車の後ろについてわたるのは危険です。
一度交差点を渡ってから、右方向に進みましょう。

夜間は周囲から見えていないと思え!

自転車通勤での夜間走行は視界が悪く危険も多いので、より注意が必要!

・黒い服装は控えましょう
黒っぽい恰好は闇に溶け込んでしまいます。
ライトをつけるだけでなく明るい色のウェアを選択し周りから見える服装にすることも大切です。

・反射素材を使った小物は欠かせません
ウェアやバッグ・スソドメ・ペダルなど反射素材を使用したものを身に付ければ暗闇でも目立ち安全です。

・段差や路面のギャップに注意
ライトを付けて走行していても夜間は視界が悪いです。
歩道との段差や路面の穴などにタイヤが取られて転倒ということも考えられます。
何があっても対処しやすいようにスピードの出し過ぎないことが大事です。



・前後のライトは絶・対・に・必要!!
路面状況の把握のため、また対向車に気付いてもらうためにフロントライトは必要です。
またテールライトをつけない人も多いですが、車や後続の自転車からは闇に溶け込み非常に見えずらくなります。
反射板が付属している場合も多いですが、それでも光の角度によっては見えません。
フロントライトだけでなくテールライトも必ず付けましょう。


雨の日は特に危ないからさらに注意して

雨の日の通勤もいつも以上に注意が必要です

・マンホール、白線は滑る
ひとたび雨が降ると路面は非常に滑りやすくなります。特に滑りやすい白線やマンホールなどはなるべく避けて走りましょう。
・レインウェアを着ましょう
傘をさしての走行は非常に危険です。
ハンドル操作もままならず、とっさのブレーキもかけられません。
レインウェアを着れば両手を使えるので危険の多い雨の日には欠かせません。また、あまりにも激しい雨の場合は、日中でもライトを点灯点滅させたほうが安心です。

ページの先頭へ戻る