HOME

スポーツ自転車をはじめる 初めての自転車ウェア選び 揃えたいサイクルウェア

「サイクルウェアの種類」カジュアルなタイプであれレーシングなタイプであれ、サイクリグを安全快適に楽しむためにはサイクルウェアが欠かせません。必要なアイテムをご紹介します。

サイクルウェア全身図鑑

自転車の服装をご紹介

自転車を乗る時の服装はどうされていますか?

ここではサイクリングの際のファッションについて、
各ウェア・アクセサリーごとのご紹介をしています。

全身をコーディネートするとこのような感じ。
上から
・ヘルメット
・サングラス
・サイクルジャージ
・サイクルパンツ
・グローブ

なぜ、この様なスタイルが理想的なのでしょうか?
サイクルスタイルのメリットや特徴を部分的に見ていきましょう。

サイクル・ジャージ

自転車を乗ることを考えて作られた、自転車専用のウェア

サイクルジャージとは・・・

スポーツバイクに乗る姿勢やライダーのことをあらゆる面で考えて作られた自転車専用のウェアです。

サイクルジャージが必要なワケ、それは一番に汗対策です。
自転車で走っていると冬でも汗をかくほど大量の汗をかきます。
そのままにしておくと体が冷えてしまう、風邪をひいてしまう、
それを防ぐため、サイクルジャージには吸湿速乾性の素材を使用、そして体にフィットする構造になっているため汗をすぐに乾かしてくれます。

着心地はもちろん、使い勝手も良い!

貴重品の為にチャック付きポケットがあるものもあります。

前傾姿勢や腕を前に伸ばすスポーツバイク。それを考慮し、背中を長く、肩周りをストレッチに作られています。
風で服がバタつかないように身体にフィットする設計もGOOD!心地よい快適な走りを提供してくれます。
また、背中のポケットは目からうろこのアイデア機能。
携帯やお財布を持っていくも普通のポケットだとどうしても邪魔。
ですが背中なら邪魔になりません。
防水の袋に入れて背中のポケットへ収納するのがスマート。

サイクル・パンツ

プロライダーから街乗りサイクリストまでみんなが愛用する必需品

サイクルパンツとは・・・

素肌に直にはき、お尻には痛みを和らげるパッドの付いた自転車専用のパンツです。

サイクルパンツが必要なワケ、それはお尻の痛みの軽減です。
スポーツバイクはとても楽なので長時間、長距離を走る方が多いのですが、そうすると誰もがお尻の痛みに悩まされます。
そこでこのパッド付きサイクルパンツ。
なんとプロの自転車選手でも使用しているほど必需品!
サイクルパンツの有無でお尻の痛みが全く違います。

性能は分かるんだけど、恥ずかしくて着たくない・・・という方におススメのパンツもあります

右:インナーパンツ。ハーフパンツなどと合わせて。
左:サイクリングショーツ。これ一枚で動きやすく楽に。

最も動く膝周りをはじめ脚の動きを邪魔しないので動きやすいのが特徴です。
体にフィットし、吸湿速乾素材を使用しているためすぐに乾きます。
しかし、この格好にはちょっと抵抗が・・・
という方にはパッド付きインナーパンツがオススメ!
これを一番下にはいてその上から7分丈パンツをはけば問題なし。
快適なサイクリングにはサイクルパンツが必需品です。

アンダーウェア

自転車を快適に楽しむためには欠かせない、縁の下の力持ち

アンダーウェアとは・・・

サイクルジャージの下に着る快適性をアップさせるためのウェアです。

アンダーウェアが必要なワケ、それはジャージと同様、汗を乾かすことにあります。
大量にかいた汗をより素早く確実に乾かすことで、
体調を崩さない!快適性を失わない!
吸湿速乾性の関してはサイクルジャージ以上の性能を誇ります。

素肌に着るアンダーウェアにこだわりたい

着ると着ないとでは大違いのアンダーウェア

夏はサイクルジャージだけでは足りないほどの汗をかいてしまうことも。アンダーウェアがその有り余る汗を吸い取り、そして素早く乾かします。
冬は走れば汗をかき、止まれば急激に冷えます。
アンダーウェアが走った時にかいた汗を冷える前に乾かし身体が冷えることを防ぎます。
体温や体調を管理するのにも大きな役目を担うアンダーウェア。
素肌に直接着るためこだわりを持って選びたいウェアです。

各店ブログで最新入荷情報をお知らせしています。

各店ブログもご覧下さい。

バイクプラスの各店サイトでは、ウェアの最新情報を随時更新中!気になるウェア情報はもちろん、使い方や性能の細かい話もあります。
是非、チェックしてみて下さい。

ページの先頭へ戻る