HOME

スポーツ自転車をはじめる 女性用自転車の特徴

女性用の自転車(ロードバイク、クロスバイク)などの特徴

女性用の自転車(ロードバイク・クロスバイク)とは?

デザインやカラーリングだけではない、女性のために作られた自転車(ロードバイクやクロスバイク、MTBなど)の、どの辺りが女性用なのかご紹介します。女性用に作られたロードバイクやクロスバイク、MTBなら、きっと無理のない姿勢で気持ちよく楽しくサイクリングを楽しむことができることでしょう。

女性用ラインナップを先にご覧になる場合はこちら

女性用自転車を探す

どういう部分が女性用?

女性は幅肩幅が狭く手が小さい。

だから、狭めのハンドル幅に近めのレバーが握りやす操作しやすく安心です。

女性用のロードバイクのドロップハンドルは幅が狭め

こちらはロードバイクに搭載されたドロップハンドルの写真。
女性は、広めのハンドル幅だと、腕を大きく広げてハンドルを握るので、肩や腕、特に手首への負担が大きく、肩や腕が疲れやすく、手首も傷めやすいです。女性の肩幅に適したハンドル幅だと、負担が少なく、自然に腕を伸ばしてハンドルを握ることができてリラックスして操作できるようになります。

また、女性にとって男性向けのグリップや大きめのレバーは、指がブレーキレバーに掛かりにく、ブレーキの細かい操作がしにくいので危険です。しっかり握れないので、一生懸命握ろうとして極度に腕が疲れます。手の大きさに合っていると、なにより安全ですし、ヘンに力まなくても自然に握れるので疲れず快適です。
女性のための自転車は小さなレバーや細見のグリップが標準装備。最近は調整できるレバーも増えています。

女性は骨盤が広め。

だから、少し広めのサドルが安心です。

女性用自転車(ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク)のサドルは幅が広め 女性向けの自転車はサドルも女性の骨格を考えて作ったモノが標準装備。

女性は男性に比べると骨盤が広いので、サドルについても専用に設計する必要があります。
女性の骨格を考慮していない一般的な細めのサドルだと、坐骨がサドルの両サイドから落ちてしまい、すぐに痛くなってしまったり、腰の位置が揺れてペダリングが安定しなかったりします。また、大事な部分が痛くなりやすかったりもします。
広めのサドルは、坐骨から恥骨に掛けて骨盤で体重を支えることができるので、長時間でも快適に乗車できます。
女性のために作られたロードバイク、クロスバイク、ロードバイクは広めのサドルが標準装備。

女性は胴が短くて脚が長い。

だから、女性のために設計されたフレームが快適でないはずがない。

女性用ロードバイク、クロスバイク、MTBは、フレーム設計から女性用

欧米人に限らず日本人でも、女性は男性に比べると、胴が短くて足が長い。
長い脚でこぎやすい高めのサドル高にセッティングできるフレームだったとしても、ハンドルが遠くならないやさしい設計になっています。
その設計のお陰で、前傾がきつすぎない適度なアップライトな姿勢を保てるようになり、結果的に長時間快適に楽しく走ることが可能です。
女性専用設計は、フレームからホント女性向き。

女性専用設計の自転車ラインナップ

女性専用設計の自転車ラインナップはこちらのバナーをクリックするとご覧頂けます。また、YouTube動画でも一部のモデルをご紹介しています。

取扱ラインナップはこちら

女性用自転車を探す

女性のサイクリスト増えてます!

こちらの方は港北ニュータウン店のお客様。
運動不足解消のため、何か体を動かしたいと思っていてもなかなかジムなどに通うのは面倒・・・。
そんな時、楽しそうにマウンテンバイクに乗る同僚の薦めで自転車に興味を持ち、自転車通勤開始。ついにはハワイのホノルルセンチュリーライドという一大イベントに参加してしまうほどに。

女性同士やご夫婦でサイクリングを楽しむ方が大勢いらっしゃいます。

ページの先頭へ戻る