HOME

バイクプラスとは 取扱ブランド TREK

TREK(トレック)ブランドの歴史

TREK(トレック)

TREK(トレック)創業は1976年アメリカ・ウィスコンシン州

創業30年で世界最大のスポーツ自転車メーカーに成長

TREK(トレック)スポーツ自転車メーカー創業の地 TREK(トレック)スポーツ自転車メーカー創業の地

TREK(トレック)は1976年にアメリカ・ウィスコンシン州ウォータールーにて創業、現在も当地に本部を置いている。創業当初は小さな工場で数人の職人によりツーリング用バイク(自転車)を製造していたが、その高い性能が人気と評判を呼び年々成長していく。

とうもろこし畑から新たな自転車づくりをスタート

ロードバイクの製造がここから始まる

1980年代から、TREK(トレック)は、これまで作り続けてきたツーリングバイクのノウハウを生かして、新たにロードレーサータイプの自転車の製造販売を開始する。さらに時を同じくして始まっていたMTB革命の時代において、TREK(トレック)はレースにも通用するMTBを開発しはじめる。

1985年、TREK(トレック)は自転車づくりに革新をもたらす。

航空宇宙産業との提携

TREK(トレック)2000

TREK(トレック)は1985年に航空宇宙産業との提携をはじめ、フレーム作りにその技術を用いるようになった。その革新的な技術で生まれたのがTREK(トレック)2000というモデルだ。このモデルを皮切りにトレックのロードバイクは進化を遂げていく。約2年後には2300、翌年には2500と、カーボンをフレーム素材として採用し、業界で軽量化の最先端を突き進んでいくことになる。

TREK(トレック)は他メーカーに先駆けてカーボンフレームの研究開発に着手

TREK(トレック)の「OCLV」カーボンがレース界を席巻

TREK(トレック)のOCLVカーボンフレームを作っている様子 TREK(トレック)OCLVカーボンフレームを作っている様子

今までのカーボンフレーム整形技術をより飛躍させ、1992年に発表された革新的カーボン製法「OCLV」。現在のTREK(トレック)カーボンバイクにすべて採用されているこの製法は、発表と同時に高い評価を得、世界中のプロレーサーやサイクリストが憧れるブランドに成長する。

とりわけY型の斬新なデザインのフルサスペンションタイプのフルカーボンフレームマウンテンバイクは、多くの人のあこがれの的だった。

ユーザーにもっと自転車を楽しんでもらえるように

Project ONEが始動

Project One 自分だけの自転車をカスタマイズ

2001年、より多くの人に自転車を楽しんでもらうために新しいオーダーシステムをスタートした。それが、Project ONEだ。
数千通りのカラーやパーツの組み合わせのなかから、自分だけの1台をつくることができる。
持主の個性を自転車に最大限に反映することができ、自転車を選ぶ楽しみが広がったのだ。
現在はロードバイクのMADONE6、MADONE7、DOMANE6シリーズ、スピードコンセプト(TTバイク)のフレームから選択ができる。

トレック本社工場見学レポートはこちら

女性ユーザーにもっと自転車を身近に

女性用バイクWSDの開発がスタート

女性ライダーの増加にあわせてTREK(トレック)は女性のための自転車、アクセサリーを展開している。Woman's Specific Design=WSDと呼ばれるシリーズだ。
女性の骨格などに着目し、乗りやすい、操りやすい自転車を設計。自転車でサイクリングや街に繰り出すことがより楽しくなるようにと、設計者の思いが込もっている。

TREK(トレック)はツールドフランス7連覇・3大グランツール制覇の偉業を達成

ツール9回、ジロ2回、ブエルタ1回優勝は性能と品質の証

TREK(トレック)でツールを制覇したコンタドール アルベルトコンタドール選手はTREK(トレック)のマドンに乗って2009年のツールドフランスも制した。写真は一回目の優勝時。

TREK(トレック)は、さらに1997年には癌による闘病生活から復帰したランス・アームストロングを擁するUSポスタルサイクリングチームと契約。市販モデルでプロレースを戦うことをポリシーにしているTREK(トレック)は、ランス・アームストロングと共に世界最高峰の自転車レース「ツールドフランス」で1999年から2005年まで前人未到の7連覇を達成する。
レース界でその高い性能が証明され世界的に人気が爆発し、世界最高の自転車ブランドとしてその地位を不動のものとする。

また、2008年には、アルベルト・コンタドールが3大グランツールを制覇した。3大グランツール制覇は、ジャック・アンクティル、フェリーチェ・ジモンディ、エディー・メルクス、ベルナール・イノーに次ぐ史上5人目の快挙で、14ヶ月での記録達成は史上最短かつ最年少記録。

※2012年、ランス・アームストロングは長年かけられていたドーピング疑惑を認めツール7連覇やオリンピックでの成績などを剥奪された。

荒れた道をも制するTREK(トレック)のロードバイク

ファビアン・カンチェラーラとの勝利

パリ・ルーベ最後のスプリントを制するカンチェラーラ 2010年、2013年はTREK(トレック)のバイクでパリ・ルーベを制した。写真は2013年パリ・ルーベ。

通称「北の地獄」と呼ばれるレース「パリ・ルーベ」。石畳の上を走り続けるこのレースはライダーと自転車を極限まで苦しめる。

その道をも制するためにTREKが生み出したのがDOMANE(ドマーネ)。そしてそれを駆るのがファビアン・カンチェラーラだ。ドマーネは、彼の要望や理想をすべて形したロードバイクに仕上がった。
完成品を試乗したカンチェラーラがDOMANE(ドマーネ)から降りて、勝利を確信するかのように一言語った。
「パーフェクト」。

TREK(トレック)は2010年、2013年に開催されたパリ・ルーベでファビアン・カンチェラーラとともに勝利を挙げ、更にツール・デ・フランドルでも共に2010年、2013年で勝利を挙げている。
なかでも2013年はDOMANE(ドマーネ)が彼のパートナーバイクだった。
ファビアン・カンチェラーラとDOMANE(ドマーネ)のコンビ、さらにはTREKのロードバイクがどう進化していくのか、今後も目が離せない。

TREK(トレック)はより革新的な自転車を開発し続ける

2013年、新しいコンセプトのロードバイクを発表

2013年 MADONE DOMANE

TREK(トレック)の革新的な技術は2013年でもとどまることを知らない。快適性を高めつつ、高い安定感と走行性能を持つDOMANE(ドマーネ)シリーズを発表。
また、先進的な空力技術であるKVF、歴代最高の品質を誇るOCLV700を採用したMADONE(マドン)もこの年に発表する。
これからも、TREK(トレック)の進化は止まらない。

TREKが提案する、日常の自転車

クロスバイク、FXシリーズ

TREK クロスバイクFXシリーズ より日常の楽しみが見つかる

TREKが提案する自転車の中でもっとも身近に愛されているクロスバイク、FXシリーズ。乗りやすさをモットーにしたクロスバイク作りには、人の体が直接触れる部分への配慮などを中心に設計が行われている。
振動減衰システムISOZONEなどに代表されるTREKの快適性への配慮はクロスバイクとしてのFXシリーズに親しみやすさと乗りやすさを与えている。

TREKのMTBで非日常の世界を愉しむ

自社に構えるテスト用の「山」で楽しさの追求。

TREKがリリースするMTB

TREKはMTBの開発にも非常に真剣に取り組んでいる。本社近くにある敷地内にはTREKが所有する山があるほど。ここで、TREKが開発するMTBはテストを繰り返しながら世界へと羽ばたいていく。
決してレースで勝つために自転車を造っているわけでは無いのがTREK。
TREKは真剣に楽しい自転車を開発するために設計に取り組んでいる。

すべての自転車に安心の証を

TREKが続けているフレーム生涯保証

TREKの生涯保障

TREKが創業時からいままですべての自転車に関してフレームに対する生涯保証を行ってきた。
自転車を楽しもうという方の為に、安心で安全な自転車を提供する事を惜しまない姿勢を貫いている。ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなど、すべての自転車に安心と安全を。
TREK本社で行われる厳しいテストをクリアしているからこそ、自信を持って付与することができるのがこの生涯保証なのだ。

YOUTUBE動画でもTREKブランドについてご覧いただけます

ページの先頭へ戻る