HOME

EMONDA ALR(エモンダ alr)2017|軽量アルミロードバイクの新定番!

TREK EMONDA ALR(トレック エモンダALR)軽量アルミロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

EMONDA ALR(エモンダALR)|人気のアルミロード!

超軽量のアルミロードバイク、『EMONDA ALR』2017年モデルは新しいカラーリングになって登場!コストパフォーマンスに優れているアルミロードですが、走行性能も抜群です。カーボンフレームと遜色ない重量で、加速性も良好。アルミフレーム特有の走り心地も楽しめます。カーボンの耐久性や価格が気になる方にはエモンダALRがオススメです。
エモンダのアルミフレームの特徴を詳しく解説していきます。

軽量アルミロードバイク『EMONDA ALR』

アルミ×EMONDA

軽量アルミロードバイク EMONDA(エモンダ) ALR

エモンダとはフランス語で「削ぎ落とす」という意味を持っており、TREKのエモンダシリーズもその名の通り無駄を一切省き超軽量を実現したモデルとなっています。軽量でも高剛性を保つため、ライドステージを選びません。独自の加工技術で軽量且つ高剛性を実現したエモンダはアルミフレームでもその性能は変わりません。アルミ特有の走り味や走行感が存分に楽しめます。

TREK EMONDA ALR|TREKアルミフレームでは最軽量

アルミフレームでもしっかりとした安定力、加速性、快適性を保持しているエモンダALR。軽量を謳うエモンダシリーズのアルミモデルももちろん軽量。ロードバイクを楽しむならアルミフレームで!

各パーツに軽量の秘訣

最新のアルミ素材を使用|300シリーズAlphaアルミニウム

TREK EMONDA ALR 超軽量アルミバイク

フレームに用いられるのはEMONDA ALR登場に合わせて新たに採用された300シリーズAlphaアルミニウム。トレック独自のハイドロフォーミングにより形成された、アルミ素材中最上級かつ最軽量のアルミフレームです。フレームサイズ毎に専用設計され、無駄な部分を削ぎ落とす事によって重量と剛性の最適なバランスを保ちます。
自分の思うままに動く反応の良いフレームはカーボンの上位モデルにも引けを取りません。

フルカーボンフォークを採用

フルカーボンフォーク

フロントホイールを支えて地面から腕に伝わる衝撃を吸収し、ハンドリングに影響する重要なパーツがフロントフォークです。アルミフレームながらフォークにはフルカーボン素材を採用し、路面振動をスムーズに逃がす柔軟性を確保しています。
また、特殊な形状のコラムを採用することでコーナリング時にかかる荷重はしっかりと押さえ込み正確なハンドリングを可能に。路面振動を吸収し、コーナリング時の負荷に耐えるという相反した性能を両立させています。
EMONDA ALRの反応の良さ、乗り心地の秘密はフロントフォークに隠されているのです。

Invisible Weld Technology(インビジブル ウェルド テクノロジー)

フレームパイプの溶接時に、より少ない素材を用いながらも高い強度と持続性を発揮する新たな溶接技術です。
通常金属パイプ接合時には溶接する事で跡ができ、無駄な部分になっていました。しかしこのテクノロジーにより溶接跡も非常にスムーズで美しい仕上がりを実現。
少ない素材による軽量化、強度の確保、シームレスなシルエットという点で優れた性能を発揮しています。

BluetoothSmart対応センサー|DuoTrap S センサー内蔵可能

デュオトラップセンサー取り付けマウント

EMONDA ALRシリーズは、ANT+とBluetooth Smart対応のフレーム内蔵式センサー『DuoTrap S センサー』の取り付けが可能です。フレームにサイクルコンピューターのセンサーを直接内蔵することでバイクのシンプルなデザインを保ちます。また、BluetoothSmart対応になったということでスマートフォンとリンクさせて走行情報を記録することが可能です。
もちろん既存のサイクルコンピュータで主流のワイヤレス通信方式ANT+にも対応しています。

エモンダALR重量検証!

軽量と言われているエモンダALRですが、実際の重量、気になりませんか?そこで付いているパーツをすべてバラし、フレームのみの重量を測ってみました。購入の参考にしてみてください。

そもそも完成車の重量は…?

エモンダ完成車総重量

エモンダはアルミフレームでも軽いんですよ、という風によく説明しますが、じつはメーカーから正確な重量表記されていないためおおまかな数字でしか伝えることができませんでした。なのでこれから、正確な情報を得るために各々測っていきます。
まずは完成車の重量です(今回計測するバイクのフレームサイズは54㎝)。
8.57kgという結果に!
アルミフレームの完成車で8kg中盤というのはなかなか軽いです。上記でも書いてある通りハイドロフォーミングを取り入れたことにより薄くても丈夫なフレームが製造できるのです。アルミでも軽量なのが納得できますね。

フレームの次に気になるのが…

ホイールの重量

ロードバイクに乗り慣れてきたころ、考えるのは車体のグレードアップではありませんか?長距離乗ると実感できるのが、漕ぎやすさだったり、乗り心地だったりします。そして、ロードバイクはフレームの次にホイールが重要だといわれています。自分の足ですからね。その自分の足となるホイールですが、まず最初にカスタムしたくなると思います。そして、一番変化が実感できるパーツでもあります。そんなホイールですが、完成車についてくる重量はどのくらいあるのか?これも測ってみました。
さすが鉄下駄と呼ばれるだけありますね、前後で1.9kgもありました。両足に1kgずつおもりを付けて走っているようなものですね。この重量をホイール選びの参考にしてみてください。ちなみに2017年は前後で1kg切っている超軽量ホイールがボントレガーから発表されています。

ハンドリングを左右するフォーク

フォーク重量

唯一カーボン素材を使用しているフロントフォークですが、これのおかげでアルミフレームの大きな特徴である疲れやすが格段に出にくくなっています。また、地面からの振動を吸収することによって不安定な操作性はなくなり、しっかりと操縦できる安定性が加わりました。スピードが出る分、自分で車体を制御できなくなる場面は少なからずあると思います。そのような事を少なくしてくれるという意味でもこのカーボンフォークが大いに役立ってくれるでしょう。 すべてのパーツを取り除いたフォークの重量、345gでした。ハンドル周りのパーツがこれだけ軽いと軽快に走ることができそうですね。やはり、カーボンというだけあって期待を裏切らない数字が出ました。

気になるフレーム本体!

本体重量

フレームだけとなったALRは持っただけでも相当軽いです。実際測ってみると…1280g!やはり、パーツが付いていないと軽いですね。これにフォーク、ハンドル、ホイール、コンポなど諸々付け足していくと8.6kgになるわけですね。一番かさましになっているのがホイールだというのが改めてわかりました。みなさん、グレードアップはホイールをおススメしますよ!カーボンフレームの重量も気になるところですがこれはまた別の機会にやってみたいなと思います。
アルミフレームの重量概念を塗り替えたエモンダALRはいかがでしたか?軽さを求めつつ軽快に走りたい方には是非乗っていただきたいモデルです。お店で試乗も出来ますので一度乗ってみてください。

TREK EMONDA ALR 最速試乗インプレッション!

到着したばかりのEMONDA ALR5を早速試乗!今回はヒルクライム好きの港北店スタッフ・阿部がEMONDA ALR5を勾配の多い多摩周辺で試乗してきました!

まず平地の走りはどうか?

EMONDA ALR インプレ

その重量の軽さだけでなく、フレームは高剛性アルミフレームとして非常に優れた加速性を持ちます。軽さと相まってゼロ発進や急加速ではペダルへの入力を最大限推進力に変えてくれるダイレクト感はこのフレームならではで、踏み込める限り加速したくなるようなロードバイクらしい加速感を味わうことが出来ます。
ステアリングコラムがタテヨコ異形のフルカーボンフォークもその縦方向に関する『しなり』を十分に活かして、アルミフレームの剛性感からは見合わない乗り心地の良さを得ています。激しい加速から出る激しい振動も手元に伝わるまでにしっかり減衰され、非常にマイルドなハンドルタッチが可能です。
丈夫なアルミバイクでありながらフルカーボンのレーシングバイクにも劣らない反応の良さと振動減衰性が大きな魅力です!

次に登りはどうか?

EMONDA ALR インプレ

軽量バイクといえばヒルクライム!といわんばかりの素晴らしい登坂性能です。ただ軽いだけのバイクではトルクをかけてもフレームがしなって進み難かったり、低速走行時の安定感に欠けることもあります。
エモンダALRはその点を上手く処理しており、平地走行時の安定感をそのまま登坂でも活かしています。太めのダウンチューブが捻じれに対して高い剛性を持っていて、ダンシング時の高トルクもロスなくしっかり伝えてくれるフレームです。
異形コラムのフルカーボンフォークはペダルにパワーを込めた際のヨコ方向のしなりにはめっぽう強く、強い踏み込みでも力が逃げずにグイグイと進んでいく感覚は登りが苦手な人でも楽しめる軽やかさです!

EMONDA ALR(エモンダALR)シリーズのラインナップをご紹介

フレーム素材のグレードとパーツの組み合わせによって様々なモデルがラインナップされているEMONDA(エモンダ)シリーズ。
アルミフレームのEMONDA ALR(エモンダ ALR)でも同様に、パーツの違いから複数のモデルがラインナップされています。

SHIMANO上位コンポーネント ULTEGRA(アルテグラ)を搭載|EMONDA ALR 6(エモンダ ALR 6)

EMONDA ALR 6 ULTEGRA搭載

EMONDA ALR 6(エモンダ ALR 6)
完成車価格:249,000円(税込8%)/フレームセット:129,000円(税込8%)
サイズ:47,50,52,54,56,58

EMONDA ALR 6ではコンポーネントにSHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)を搭載。リア11速の多段ギアに加えて、国内メーカーであるSHIMANOの誇る優れたパーツ精度と高い耐久性が魅力です。変速ミスがなく軽いタッチで滑らかに変速され、最上位コンポーネントからホビーユーザー向けに各所改良が加えられ細かい部分で取り回しがしやすくなっている面もあります。黒で統一されたカラーリングはとてもシックな仕上がりに。小物をカラフルにしたい方にもオススメです。

入門機としてオススメ アップグレードも自由なSHIMANO 105を装備|EMONDA ALR 5

EMONDA ALR 5 Matte Green-right

EMONDA ALR 5(エモンダ ALR 5)
完成車価格:189,000円(税込み8%)
サイズ:47,50,52,54,56,58,60
完成車重量(サイズ54):8.19㎏
カラー展開:3色
コンポーネント:SHIMANO 5800系105 11s

SHIMANO 105コンポーネントがアッセンブルされていて上位モデルに迫る性能と価格のバランスに優れたコストパフォーマンスに優れたコンポーネントです。そして、新しく登場したマットグリーン。鮮やかな緑なので見た目から爽やかな気分で乗れますね。

EMONDA ALR 5 Black Pearl

コチラのカラーはトレックブラック
今までにない黒×オレンジという組み合わせです。遊び心あるカラーリングですね。

EMONDA ALR 5 Vaper Red

コチラがVaper Red
プロチームであるトレックファクトリーレーシングのロゴをあしらったレプリカモデルになります。

EMONDA ALRをお店で試乗しよう!

EMONDA ALR 試乗車設置店舗

先日発表になったばかりのEMONDA ALRの試乗車を早速バイクプラス各店でご用意しております。EMONDA ALRの軽快な乗り心地をぜひお店で体感してみて下さい。

【試乗車設置店舗情報】
港北店:EMONDA ALR5 BL (サイズ50)
多摩店:EMONDA ALR5 BK (サイズ50)
大宮店:EMONDA ALR5 BK (サイズ52)
三郷店:EMONDA ALR5 RD (サイズ52)

エモンダALRの開発秘話が見れます!

エモンダALRがどのように作られているのかが詳しくわかる動画です。気になる方は是非チェックしてみてください!

店舗へのアクセス

横浜店

横浜店

〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-38-1
TEL:045-914-5906
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日:水・木(祝祭日の場合は営業)

多摩店

多摩店

〒206-0034 東京都多摩市鶴牧2-9-15
TEL:042-311-2818
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日:水・木(祝祭日の場合は営業)

戸田店

戸田店

戸田彩湖店からの最新情報やブログは戸田彩湖店HPをご覧ください。

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木7-2-14
TEL:048-423-9301
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日:水・木(祝祭日の場合は営業)

大宮店

大宮店

さいたま大宮店からの最新情報やブログはさいたま大宮店HPをご覧ください。

〒330-0842 さいたま市大宮区浅間町2-329-2
TEL:048-658-0819
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日:水・木(祝祭日の場合は営業)

三郷店

三郷店

〒341-0004埼玉県三郷市上彦名121-1
県道29号草加流山線沿い
TEL:048-950-1820
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日:水・木(祝祭日の場合は営業)

ページの先頭へ戻る