HOME

用語集 た行

店舗情報

戸田店

戸田店

戸田彩湖店からの最新情報やブログは戸田彩湖店HPをご覧ください。

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木7-2-14

TEL   :048-423-9301
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

三郷店

三郷店

〒341-0004埼玉県三郷市上彦名121-1
県道29号草加流山線沿い

TEL   :048-950-1820
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

大宮店

大宮店

さいたま大宮店からの最新情報やブログはさいたま大宮店HPをご覧ください。

〒330-0842 さいたま市大宮区浅間町2-329-2

TEL   :048-658-0819
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

多摩店

多摩店

〒206-0034 東京都多摩市鶴牧2-9-15

TEL   :042-311-2818
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

横浜店

横浜店

〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-38-1

TEL   :045-914-5906
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

た行

glossary タイヤ

車体と地面との接点となり路面との摩擦を得るため、また、路面からの衝撃を吸収するために走行上欠かせないゴム製の輪。その重要度ゆえ性能差が非常に表れやすい部品。MTB用、ロード用だけでなくクリンチャー、チューブラー、チューブレスなど様々なタイプやサイズがある

ページの先頭へ戻る

glossary ダウンチューブ

フレームの前側三角を構成するうちの下側のパイプ。剛性感、加速性能など走行性能をを左右する重要な部分。

ページの先頭へ戻る

glossary ダンシング

いわゆる「立ち漕ぎ」のこと。急加速するときや急な上りなどで用いられる走法。踊っているような動きからこう呼ばれる。

ページの先頭へ戻る

glossary チェーン

前後のギアを繋ぎ、ペダル-クランクに入力した力を動力として伝達し、駆動するための鎖状の部品。10速、9速などギアの段数やIG、HGなどタイプの違いによって合ったものを選ぶ必要がある。

ページの先頭へ戻る

glossary チェーンステイ

ボトムブラケット部と後輪軸を結ぶ左右2本のフレームパイプ。長さや形状の違いなどによっても走行性能が変わる。

ページの先頭へ戻る

glossary チタン

チタニウム(タイタニウム)の略。その軽さ、しなやかさからフレーム素材として一時人気を博したが、素材が高価で、加工が難しいため現在では一部メーカーでしか作られていない。金属特性を生かしてスプロケットなど構成部品の一部に部分的に使われることも多い。

ページの先頭へ戻る

glossary チューブ

タイヤに入れて膨らませるゴム製の輪っか。空気を入れるためのバルブ(口金)が付いている。一般的に合成ゴムであるブチルゴムが使われるが、中にはラテックスなどの天然ゴムもある。径や幅(太さ)などさまざまなサイズがあり基本的にタイヤのサイズに合わせて選ぶ。

ページの先頭へ戻る

glossary チューブラータイヤ

外側のタイヤでチューブを包み合わせ目を縫い合わせたタイプのタイヤ。ビード(リムへのひっかけ部分)を必要としないため軽量なタイヤに仕上げることが可能。ただ、取り付けに接着が必要なこと、パンク修理が難しいため現在は決選用タイヤとしてなど場面を選んで使われるにとどまる。基本的にロード用のみ。クリンチャータイヤとの互換性はない。

ページの先頭へ戻る

glossary チューブレスタイヤ

チューブを使わずに専用タイヤとリムによって空気を密閉するタイプのタイヤ。当初はマウンテンバイク用として普及したが現在はロードバイク用もある。リム打ちパンクを起こさないのでグリップ力を生かした低圧での走行が可能。また、チューブが無いため比較的しなやかな乗り心地。反面、取扱いには専門の知識が必要。空気抜けはチューブ式に比べて幾分早い。

ページの先頭へ戻る

glossary 29er(ツーナイナー)

ホイール外周径29インチのMTB。多くのMTBは26インチがほとんど。ホイールの大きさを活かして段差に強く、ホイールの回転を維持しやすい。山での走破性が高く、街でも走りが軽いので人気急上昇中のジャンル。ちなみにリム径はロード、クロスバイクと同じ700C。

ページの先頭へ戻る

glossary ツールドフランス

毎年七月に開催される世界最大の自転車レース。アルプス、ピレネーを経由してフランス周辺を1周するおよそ三週間、約4000キロ(20ステージ)で争われる。癌による闘病生活から復活して7連覇したランス・アームストロングの逸話はつとに有名。

ページの先頭へ戻る

glossary テールライト

赤色に点灯、点滅する尾灯。自転車は車道左側を走行して常に後ろから車やバイクから追われて走行するため、テールライトの重要性は高い。

ページの先頭へ戻る

glossary ディスクブレーキ

前後ハブに付けられた円盤状のローターをブレーキキャリパー内のパッドで挟み、制動する減速装置。制動力が強く、雨などの条件でも安定した制動力を発揮するがメンテナンスにやや専門知識が必要。油圧式、機械式がある。

ページの先頭へ戻る

glossary ディープリムホイール

車輪外周部の空気抵抗を減らし、エアロ効果を高めるためにリムの高さを広く取ったホイール。一般的に重量がややかさむため上りには不向きだが、エアロ効果を活かして平地走行に有効。横風にも注意が必要。

ページの先頭へ戻る

glossary ディレイラー

前後のギア(チェーンリング、カセットスプロケット)の上部に位置する変速機。この部品がチェーンを誘導してシフトチェンジ(ギアチェンジ)を行う。前側を「フロントディレイラー」後側をリアディレイラー」という。通称で「フロントメカ(Fメカ)」「リアメカ(Rメカ)」ともいう。

ページの先頭へ戻る

glossary ディレイラーハンガー

リアディレイラーを取り付けるフレームの部品。転倒時の折れや曲がりに対応するため交換式になっていることが多い。曲がってしまうと変速の調子が悪くなるため調整(修正)や交換が必要。

ページの先頭へ戻る

glossary デュアルコントロールレバー

ブレーキレバー及びシフトレバーを一体化したレバーのシマノの名称。ロード用、MTB用があり、ハンドルから手を離さずに変速及びブレーキ操作が可能。

ページの先頭へ戻る

glossary デュラエース

シマノ製の最上位グレードのロードコンポーネント。その性能の高さは世界的にも評価が高い。最近では電動の変速装置も発売されている。

ページの先頭へ戻る

glossary トップチューブ

フレームの前側三角を構成するうちの上側のパイプ。ママチャリには存在しないが剛性確保のために欠かせない重要な部分。振動吸収性など乗り心地も左右する

ページの先頭へ戻る

glossary トライアスロン

三種(トライ)複合競技(アスロン)。一般的に「スイム」「バイク(自転車)」「ラン(マラソン)」の三種目で争われる。マラソン同様さまざまな距離設定があり三種目のトータルタイムを争う競技。

ページの先頭へ戻る

glossary ドロップハンドル

ハンドルの両端が大きく曲がっているタイプのハンドル。速度を維持したり長距離のライディングを際に適しているためロードバイクに使われている。いろいろな部分を握れるため状況に応じた走りを可能にし、長時間のライディングでも疲れにくい。

ページの先頭へ戻る