HOME

スポーツ自転車を愉しむ 自転車レースを観戦しよう! さいたまクリテを観戦する

さいたまクリテリウム

さいたまクリテリウムは日帰り観戦できるツールドフランス

さいたまクリテリウムとは?

さいたまクリテリウムは日帰りで観戦できるツール・ド・フランス!?

ツールドフランスとは?

ツールドフランスは毎年7月フランス国内を中心に20日以上かけて走破する世界的にも有名な自転車レース。実はツールドフランスは100回以上続く歴史あるレースで、期間中に走る距離は3000キロ以上、標高差も2000mを越える過酷さでも有名。5月開催の「ジロデイタリア」、9月にスペインで行われる「ブエルタアエスパーニャ」と合わせて3大ツールと呼ばれています。
さいたまクリテリウムは、JRさいたま新都心駅周辺で開催される、関東にお住まいなら日帰りでの観戦が可能な親しみやすいレースで、その夏のツールドフランス出場チームや個人総合優勝選手などのスピードとレース運びを観戦できる素晴らしい機会なのです!

ツールドフランスで黄色いジャージ(マイヨジョーヌ)を着ることができる選手はたった一人

マイヨジョーヌ 毎年たった一人しか手にすることができない勝者の証がこの黄色いジャージ(マイヨジョーヌ)

ツールドフランスは一カ月にも及ぶ日程やハードなコース内容ゆえ、一勝すればワンデーレースで優勝するのと同じくらい価値があり、プロロード選手なら誰しも憧れるもの。レースでは新人賞(白のジャージ)、山岳賞(白地に赤の水玉ジャージ)、ポイント賞(緑のジャージ)などが設けられていて、それに合わせたカラージャージが用意されていますが、中でも個人総合成績1位の選手が着用する黄色いジャージが「マイヨジョーヌ」。
当然これを着る事ができる選手はツール参加選手の中でもごく一握り。なので「マイヨジョーヌ」で使われる「黄色」はツールドフランスの中で、他には無い特別なカラーなのです。ちなみに「マイヨジョーヌ」が黄色となった由来はツールドフランスを主催した新聞「ロト」の紙面の色だった事が理由となっています。この日はさいたま新都心一帯が黄色一色に染まります。

クリテリウムとは?

さいたまクリテリウム|コクーン横のヘアピンコーナー

クリテリウムは市街地や公園など1km~5km程の周回コースとなっているのがポイントです。選手が同じ場所を周回するので猛スピードで駆け抜ける臨場感や興奮が何度も何度も味わえるのがクリテリウムレースの醍醐味と言えるでしょう。
市街地レースならではの選手と観客との距離の近さが魅力でスリリングな展開が楽しめます。また、コーナーが数多く設定されており、通り抜ける選手のスピード感やテクニックなども見逃せません!

さいたまクリテリウムはお祭り

ツールドフランスの名を冠したレースがフランス本国以外で開催されるのはこれが初めて

フランス本国以外で正式にツールドフランスの冠して開催されるレースは実はこの「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が初めて。アジア諸国でもっとツールが放映されるようにという大会側と自転車で街づくりをして行きたいさいたま市側の思惑が一致した形で、まさかのさいたま大宮店から数キロの場所で開催することになっています。
ツールドフランスと名がつくだけあって、初回から注目度が高く、出来レースだの八百長だの批判も起きるくらい注目されていますが、本格レースシーズンが終わった直後に開催される興行レース、お祭りレースなので、そういう話は気にせず場の雰囲気を楽しむのが一番!
選手達もパレード走行やレースが終わってホテルに戻る時なども本当に楽しそうに過ごしています。
まだ一度も現地で観戦したことのない方でもちょっと沿道で観戦するだけで、もの凄い速度と迫力、パレード走行中に見せるファンを大切にする選手たちの振る舞いにきっと魅了されることでしょう。

キッテル選手2013年さいたまクリテリウム

レース終盤になってくると、優勝を狙う選手たちが目の前をもの凄い速度で駆け抜けます。沿道にいてもかなりの風圧を感じるくらいです。普段は甘いマスクで女性に人気のこのキッテル選手もさすがの形相です。この翌年(2014年)はキッテル選手がゴールスプリントを制し優勝しました。

さいたまクリテ優勝に最も近い日本人選手

ロードレース人気を牽引するこの二人!!

別府史之選手(フミ)

さいたまクリテに集まった大勢のファンの声に応える別府史之選手

情熱大陸でも特集が組まれたことのある別府史之選手。2015年2016年のジャパンカップクリテリウム優勝、さいたまクリテリウムは第一回がポイント賞、第二回が敢闘賞、第三回が準優勝、第四回敢闘賞という成績。他にも2009年のツール・ド・フランス最終日シャンゼリゼでの敢闘賞、2011、12、14、15年のジロ・デ・イタリア完走、2016年にはブエルタ・ア・エスパーニャも完走してる凄い選手です。次こそはさいたまクリテリウムの優勝を期待せずにはいられません!
戦績の詳細はウィキペディアでご確認ください。

新城幸也(ユキヤ)

さいたまクリテに集まった大勢のファンの声に応える新城幸也選手

2009年別府史之選手とともに日本選手として13年ぶりにツール・ド・フランスに出場を果たし、日本人で初めて近代ツール・ド・フランスを完走した選手の一人となりました。また、2010年にはジロ・デ・イタリアを完走し、ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアの2大グランツールを初めて完走した日本人選手にも。
戦績の詳細はウィキペディアでご確認ください。

選手が乗っている自転車は市販品!

同じ自転車、買えます。

別府史之選手は、2015年2016年にバイクプラスが扱っているTREK(トレック)のエアロロードバイクMadone(マドン)で参戦。なんと選手に特別に作られた自転車ではなく、市販されているタイプと同じ!
そう、憧れの選手と同じ自転車を手に入れることができるんです!! と言っても、全く同じ仕様にすると100万は確実に超えてきますが(笑
同じようなタイプでもっとリーズナブルな価格にしたモノや、チームのレプリカカラーのエントリーモデルもあったりするので、そちらもおすすめです♪

レプリカジャージなども手に入ります。

こちらは2016年の別府史之選手。乗っているのは前年と同じTREK Madone(トレック マドン)。真横から見ると物凄い太くてゴツく見えましたが、真正面から見るとこんなに薄い!! いかに空気抵抗が少ないかがわかりますね。
また、この年は、TREKによる交通事故を減らす為に目立つ色を身につけよう!という世界的な啓蒙活動の一環で、自転車もウェアもヘルメットもグローブもサングラスもシューズも、とても目立つ蛍光イエローにしています。
こういったアイテムももちろん市販されています。

自転車レースは選手との距離感が最高!

前の写真でもわかる通り、一般道を使用して行うロードレースは、選手と観客の距離感が近いのが特徴なのですが、選手たちは本当にファンを大切にしている様子が伺えます。
こうしてレースの外でも気さくに写真撮影に応じてもらえるだけで感動モノ〜♪

ベルナールイノーさん(大宮氷川神社にて)

ツールドフランス5勝、ジロデイタリア3勝、ブエルタアエスパーニャ2勝した往年の名選手。

フミ選手とユキヤ選手(大宮氷川神社にて)

左が新城幸也選手(ユキヤ)、右が別府史之選手(フミ)、真ん中がさいたま大宮店の四方(しかちゃん)

心温まるポポビッチ選手のファンサービス

ちっちゃなポポちゃんとスマホで自撮りして、ツイッターに投稿してとても話題になりました。

当店でサイン会を開催してくれたフミ

別府フミ選手は2年連続でレース後にさいたま大宮店でサイン会を開催してくれました。

さいたまクリテ観戦の後はさいたま大宮店へ!

さいたまクリテリウムを観戦して気分が盛り上がった後は、エントリーロードからハイエンドロードまで展示しているバイクプラスさいたま大宮店へ! ロードバイクの試乗もできます♪
さいたま新都心駅、コクーンから徒歩で15分。

ページの先頭へ戻る