HOME

スポーツ自転車を愉しむ ヒルクライムに挑戦!

ロードバイクやクロスバイクでヒルクライムに挑戦しよう!

ヒルクライムに挑戦しよう!

数あるイベントレースの中でも初心者に特に人気なのがヒルクライム。仲間とのタイムの競争という楽しみ方もありますが、一番の魅力はやはり自分のペースで山や峠を登りきるという達成感ではないでしょうか。
頑張って登りきった時の爽快感は格別で何物にも代え難い感覚です。その感覚を味わうと不思議とまた登りたくなってしまいます。また、前回自己タイムをどれだけ更新できるかもまた登りたくなる理由だったりします。

色々ご紹介する前にまずはこちらのヒルクライム動画をご覧ください。

そもそもヒルクライムってなんでしょう?

身近な“坂”でも、登りごたえがあるならそれは立派なヒルクライム!

簡単には坂・山・峠を登ることですが、厳密に距離や勾配(傾斜)が決まっているわけではありません。近所の短い激坂でも急勾配ゆえにヒルクライムと呼んでいる坂もあります。逆に、距離が長くとも緩勾配過ぎて登り坂のうちに入らないといわれる坂もあります。
登るにあたって体格や車体に有利な条件はありますが、感覚としてスピードが出ないので初心者でも楽しめます。向き不向きは特にありません!
ヒルクライム中の"愉しい"や、終えた後の"また登りたい"などの感覚があれば充分です!!ヒルクライムの有名フィールドやイベント、走り方のコツ、ヒルクライムを楽しくしてくれる装備やカスタムなど、ご紹介します。

ヒルクライムフィールド情報

自走で行くもよし、車や輪行で行くもよし。基本的には距離自体がそれほど長くないので気軽に始められます。身近にあるヒルクライムスポットから挑戦してみよう!!

意外と身近なヒルクライムフィールド情報

ヒルクライムイベント情報

数千人規模の人気イベントから地域密着型のイベントなど、各地でいろいろと開催されています。個人参加もOKなので気軽に参加してみよう!

ヒルクライムイベント情報

登坂攻略(ヒルクライム走り方のコツ)

常に登りとなると、平地を走るのとはポジションなども変わってきます。ちょっとしたコツでもっと愉しめるようになります。

登り走行のコツ

ヒルクライムの装備と服装

夏でも高所に行くと気温が低くなります。また、途中にコンビニなどが無いことも・・・。身に付けるモノから自転車の装備までをご紹介!

ヒルクライムの装備と服装

ヒルクライム攻略カスタム!

ヒルクライムのカスタムといったら軽量化!いろいろなパーツを選んでカスタムするのはスポーツ自転車の愉しみの一つ。自分に合ったカスタムをしてヒルクライムに出掛けよう!!

ヒルクライム攻略カスタムパーツ

ページの先頭へ戻る