HOME

TREK(トレック)2017年モデル速報!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TREK(トレック)2017年モデルが一堂に会する展示会速報

毎年開催されるTREKの展示会「TREK WORLD JAPAN」。京都議定書が締結されたことでお馴染みの国際会館の展示ホールを借りきっての展示会は自転車メーカーとしては最大級の規模!関係者のみしか立ち入ることができない会場から気になる情報を、バイクプラススタッフがお届けします!!

2017年モデルの最新情報は随時更新!!

トレックワールドジャパンは全日程3日間。会場に2017年モデルの全ラインナップが集結します。実物を見たり、試乗をしたり、各店のブログでもインプレッションなど随時追加予定。お楽しみに!!

展示会場の写真をドンと

2017年モデルの車体詳細は下記リンクで随時追加予定です。
合わせてチェックを!!

TREK2017年モデルのロードバイクは3大柱

2年前の軽量エモンダの登場、昨年のマドンの進化、それに続く形での新型ドマーネの登場。
この2017年モデルのドマーネの登場により、それぞれのロードバイクの特色が一層際立ち、使用用途に応じて選びやすくなったともいえます。
TREKの2017年モデルのロードバイクのトピックスをまとめ!

①Domane シリーズ

快適性の高さが魅力

ドマーネSLRシリーズ車体画像

2017年モデルで大きく変わったのがDomane(ドマーネ)シリーズ。ドマーネとは、トレックのロードバイクシリーズの中でもロングライドに向いた快適性の高いラインナップです。他メーカーにはないTREK独自のISO Speedというフレーム構造で、圧倒的な乗り心地のよさがとにかくすごい!
トレック独自のISOスピードという技術を搭載して、路面からの衝撃を緩和し、ロングライドでも快適な乗り心地を生み出すのがTREKのDomane(ドマーネ)シリーズです。
トレック2017年モデルのロードバイクの大きなトピックスとしてはドマーネシリーズの進化!ドマーネのミドルグレードやエントリーグレードでフレームが一新しています。
ディスクモデルが登場するなどDomaneシリーズがカラー・モデルともに拡大しています。

すでに先行導入されているドマーネSLRシリーズについてはコチラのページへ!
↓↓↓
Domane SLRデビュー!フレーム構造など徹底紹介

ディスクブレーキモデルも充実!

ドマーネのディスクブレーキモデル写真

2017年モデルからはアルミフレームのDomaneのディスクブレーキタイプも発売!油圧ディスクブレーキなので、ブレーキをかける際のレバーのタッチの軽さが特徴。少ない力で制動力を得られるためロングライドにも普段使いにも最適です。

2017年モデルではこれまでドマーネのアルミフレームが完全リニューアル!ラインナップも増えました。アルミフレームながらも溶接の継ぎ目が目立たない美しいフレームラインに。これまでドマーネのアルミフレームはDomane2.3という車種一択でしたが、今年はフレームが完全リニューアルを果たしラインナップも増えました!アルミフレームながらも、溶接の継ぎ目が目立たずとてもスマートなフレームラインに仕上がっています。一見すると「これアルミ?」と疑問符が付くこと間違いなしの仕上がり。

エアロのスペシャリスト鈴木未央さんに聞く!

鈴木未央さんとドマーネ

いまや、TREKのAERO(エアロ)と名のつく製品の仕事がほとんどまわってくるという鈴木未央さん。アメリカのウィスコンシン州ウォータールーにあるTREK本社でエンジニアとして活躍しています。
今回のトレックワールドにもスペシャルスピーカーとして登場。
鈴木さんは昨年のマドン開発に大きく携わり、いまは来年再来年に向けての開発に携わっているそうです。どんなプロダクトに携わっているかは「内緒!」とのことでしたが、鈴木さんに2017年のおすすめモデルを聞いてみると、真っ先にドマーネの名前が上がりました。
アメリカの道路事情を考慮すると、28Cや32Cをはけるバイクというのは、空気圧を低くできてパンクのリスクを減らせるし、さらに乗り心地がいい、ということで個人的に注目しているそうです。
エアロバイクMadone(マドン)の分析エンジニアもびっくりな乗り心地です!

②Emonda(エモンダ)

エモンダシリーズの写真を

ドマーネの進化に注目が集まりがちなTREKの2017年モデルですが、オールラウンダーの軽量ロードバイクシリーズEmonda(エモンダ)ももちろん人気好調です。ヒルクライム向きの軽さで加速感が印象的。試乗されるお客様の多くが、その加速感に感動されます。
今年のエモンダシリーズはカラーリングが新しくなりました。洗練されたシンプルなデザインがエモンダの魅力の一つです。
価格もこれまでよりも良心的な価格に変更されました。機能的な変化はこれまで通りなので、これはうれしい!
エモンダシリーズはフレーム素材の違いで4種類。そのなかでさらにコンポーネントの違うものがラインナップされています。
【カーボンフレーム】
・エモンダSLRシリーズ
・エモンダSLシリーズ
・エモンダSシリーズ
【アルミフレーム】
・エモンダALRシリーズ

トレック最軽量の完成車

Emonda SLR 10 RACE SHOP LIMITED

エモンダSLR10Race Shop Limited

完成車重量4.65kgで発売時に話題を呼んだEmondaの最軽量モデルであるエモンダSLR10。ロードバイクのなかで群を抜く軽さのため、片手で楽々持ち上げることができます。ちょっと不安になるほどの軽さです。
2017年のエモンダSLR10 RACE SHOP LIMITEDは1000g以下という超軽量の新しいボントレガーのホイールAeolus XXXを装着。さらに無線電動コンポのスラムeTapを搭載し、完成車重量が約5.3kg。SLRフレームなので軽さも剛性も高く、とにかく軽量化をしたい方におすすめです。
Emonda SLR10は2017年のトレックが誇る最軽量のロードバイク!

③Madone(マドン)

もちろんプロジェクトワンもあります

マドンのかっこいい写真

Madone(マドン)はトレックが2003年より作り続けている歴史あるシリーズ。過去にツール・ド・フランスなど名だたる大会で優勝するなど輝かしい成績をおさめてきたレースバイクです。Madoneは2015年にフレームが完全リニューアルされ、トレックの中でエアロロードバイクとしての進化を続けています。
ブレーキが完全フレーム一体化していたり、ワイヤーがすべてフレーム内部に収まっていたりと空気抵抗を減らしています。とにかく速い。試乗したときにみんなが口をそろえていいます。またエアロロード=硬くて乗り心地が悪いという概念を吹き飛ばしています。

そのほか気になるロードバイク

TREKの主力ロードバイク、EMONDA、DOMANE、MADONEそれぞれを紹介してきましたが、新型パーツなどを搭載したモデルも会場で発見。まだ店頭に並んでいなかったり、そもそもデリバリーが始まっていなかったりしますが、気になるロードバイクを紹介します。

プロジェクトワン新カラー

人気のトレックのオーダープログラム

プロジェクトワン新モデルと新カラー紹介

トレックのカスタムオーダープログラム「プロジェクトワン」。フレームだけでなくパーツを選べるので世界に1台のオリジナルバイクを作成することができます。
このプロジェクトワン毎年ちょっとずつ選べるカラーやカラーパターンが変わっています。
今年引退を表明しているカンチェラーラ選手にちなんだファビアンスペシャルカラーなど限定カラーも。
8月よりDomane SLRのディスクブレーキモデルもプロジェクトワンで選択が可能になりました。こんなにたくさんのプロジェクトワンが一堂に集まる場所はそうそうありません。

SRAM RED eTap搭載モデル発見!

TREK2017年のSRAM eTAP搭載モデル

SRAMより発売開始された無線電動コンポSRAM Red E-tap。これまでシフトチェンジの主流はワイヤーを引っ張ることでギアチェンジをする機械式と、電気コードで動きを制御する電動式のどちらかでした。今年SRAMというコンポーネントメーカーから登場したのが、これまでの常識を覆すかのような無線電動シフト「SRAM RED eTAP」。有線ではなく無線というところがとにかく新しい。見慣れないせいか、あるはずのワイヤーがないというだけで思わず2度見してしまいます。レバーもコンパクトで誰にでも簡単に操作できそう。すっきりとした見た目で取り付けも簡単そうですしメカニック的にもありがたい存在!
トレックの2017年モデルでeTapが搭載されているのはDOMANE SLR9 ETAP、Emonda SLR 10 RACE SHOP LIMITEDです。

SRAM RED eTapとは?(戸店店ブログにジャンプします)
電動無線変速スラムeTap

TREK2017年モデルクロスバイクトピックス

街乗りにオススメなクロスバイク。TREKのFXシリーズが名前を新たに登場。
TREKのクロスバイクの魅力はすっきりとしたデザインで高級感があります。乗り心地もとてもいいのが特徴です。

5万円をきったエントリーモデルが登場!

FXシリーズとはそもそも・・・・

トレックのクロスバイクFX1

FXとはFitness(フィットネス)&Exercise(エクササイズ)の略。トレックのクロスバイクは名前のとおり、普段使いのバイクとして気軽に入門できる手軽さが魅力的です。通勤通学などの街乗りから、休日のサイクリングまで幅広く活躍します。

クロスバイクを始めてみたいけど金額が…と思っていた方に朗報!2017年モデルではTREKから5万円を下回るクロスバイクが登場します。トレックの特徴である乗り心地のよさや耐久性は健在!通勤通学などFX1で始めてみませんか?
そのほかの特徴をざっくりお伝えすると
・FX2…太めのタイヤで安定感あり、通勤通学など、街乗りに最適。人気のマットブラックカラーがあります。
・FX3…トレック独自のハンドルとカーボンフォークで振動吸収が高く、休日のサイクリングなどの長距離にもおススメ。FXシリーズの一番人気です。
・FX S4…総重量10kgとロードバイク並みの軽さと走りを体感できる1台。
・FX S5…ドマーネSシリーズのカーボンフレームを使用したフラットバーロード。ディスクブレーキ搭載。乗り心地のよさが特徴。コンポーネントはシマノのティアグラ
・FX S6…FX S5と同じフレームを使い、コンポーネントがシマノの105にグレードアップ。ディスクブレーキ搭載で軽いブレーキタッチが魅力。長距離でも疲れにくい1台です。

TREK2017年モデルマウンテンバイクトピックス

ロードバイクに注目がいきがちですが、TREKは本格マウンテンバイクもつくっています。29インチホイールトレックのマウンテンバイクFuel EXシリーズとRemedyがモデルチェンジ!

オールラウンドに楽しめるFuel EXシリーズのフレームが一新!

ストレートダウンチューブで剛性がアップ

FUEL EXのストレートダウンチューブ

Fuel EXはTREKのトレイルバイクのなかでもオールラウンダーとして定評のあるフルサスペンションマウンテンバイクです。山あり谷ありギャップありな本格アドベンチャーレースなどの参戦も可能。
FUEL EXが2017年モデルではフレーム形状が一新して登場しました。
ダウンチューブがストレートになり、剛性が高くなっています。またトラベル量も130mmに増えて、トレイルでの路面追従性を高めてさらにタフな仕上がりに。
29インチホイールが標準装備。Boost148/110で、好みに応じてさまざまな用途に使用可能です。

ハンドルをきってもサスペンションがフレームがあたらない画期的設計

trek2017のfuel exのステムまわり

Knock Blockという新しい機能が追加されています。これまでのダウンチューブはハンドルをきったときにフロントサスペンションのクラウンがダウンチューブ下側にあたってしまうため、ダウンチューブをストレートではなく湾曲させて回避していました。
しかし、今回Fuel EXはストレートダウンチューブ。その矛盾をKnock Blockという新機能が解決しています。ハンドルが必要以上に切れないよう、一定のところでとまるようになっています。もちろん走行上、ハンドルの操作性には影響ありません。
最高のフレームを活かすべく、パーツも用途に合った最高のものにする、パーツづくりも自転車設計の一環として行っているTREKの自転車づくりの姿勢は本当にすごいです。

Remedy(レメディ)も一新

トラベル量も増えて、使い勝手がよく

TREKのレメディ2017年モデル

Fuel EXと同じく、レメディもフレーム形状が一新。ダウンチューブがストレートになって、Knock Block機能が追加されています。ダウンヒルなどで活躍するレメディはもともとトラベル量が140㎜と大き目でしたが、2017年モデルでさらに150mmに大きくなりました。下りに対応したジオメトリーでホイールには27.5インチを採用。
ストレートダウンチューブによりフレーム剛性も上がり、さらにトラベル量も増えて、下りはもちろんオールラウンダーとしても活躍が期待される1台です。

ボントレガー2017年新商品紹介

TREKの兄弟ブランドともいえるBontrager(ボントレガー)。TREKは自転車の母体といえるフレームの開発、設計、製造をしているのに対して、Bontragerはフレーム以外のなくてはならないパーツ全般(ホイールやハンドルなどのパーツから、アクセサリー、ウェアなどにいたるまで)を開発・製造しています。

アイオロスホイールに最軽量モデルが追加!

Aeolus xxx

アイオロスXXXホイール 実測だとフロントとリアが合わせて0.96gでした!写真右の重量は前後のホイールをいっぺんにつるしたときの表示です。

ボントレガーのカーボンホイールAeolus(アイオロス)に最軽量モデルが登場!Aeolus XXXは前後セットのホイール重量がなんと976g!!一般に1500gを切ると軽量ホイールとみなされる場合が多いですが、1000gを切るとは超軽量です。リム高35mmのAeolus D3が1150gという軽量ぶりでしたが、それをもはるかに上回ります。
体重制限はなく、ただただ軽くしただけでなく剛性も確保していますリム幅は21㎜とほかのアイオロスシリーズよりは狭くなっていますが、DT製のハブで回転性能は文句なし、さらに軽く、ヒルクライムにうってつけですね。

新しいインソール登場

スーパーフィートと連携

Bontragerのインソール

ボントレガーからは多様なシューズラインナップがありますが、インソールにも注目!今年からスポーツ用のインソールメーカー「スーパーフィート」と連携した新しいインソールが登場します。
シューズにこのインソールを入れることで足の裏のアーチをキープし、長時間のサイクリングでもペダリング効率の低下を防止します。これまでインソールを入れていない方はぜひ試す価値あり!

ボントレガーのインソール

専用のサイザーを使用して、足の裏の圧のかかり方を計測します。3段階の足裏の土踏まずのアーチに応じて、赤・黄色・青のインソールのなかから適したものをシューズに装着。 実際にはいてみるとグイッと土踏まずを持ち上げれているような感覚になります。またかかとが定位置にホールドされているような安定感が。 インソール変えることはペダリングをサポートし、快適なサイクリングにつながります。 ビンディングシューズのおともにおススメです。

安全志向な製品が続々登場

MIPS機能つきのヘルメット

バリスタAsia Fit MIPS

転倒時の頭への衝撃を抑えるために、ヘルメットと頭の間に1枚シートを設け、頭の動きに応じてシートがスライドすることで、脳へのダメージを押さえることができます。スウェーデンの脳科学者により研究開発されたMIPSは、自転車だけでなく、スキーなどのスポーツ業界で広がっているそうです。
ヘルメットの内側の凹凸もカバーできるため、被り心地も少しよくなったような感触です。
■モデル: Ballista Asia Fit MIPS
■サイズ: S/M(51-58cm)、M/L(55-61cm)
■重量: S/M(270g)、M/L(310g)
■カラー: Black、Trek/Segafredo、Visibility、Red/White
■価格: 25,000円(税込)

MIPSの詳細はコチラ!万が一のときにしっかり頭を守る!

安全走行の啓蒙啓発に力を入れてます!

フロントライトION800、350、100など

トレックがアメリカの大学との研究の末に導きだしたのがABCコンセプト。
安全な走行のために積極的に取り入れたいことをABCの3つにまとめたものです。

AlwaysのA。自転車事故の80%は日中に起きているということから、日中でも常にオンにしておく必要がある。
BiomotionのB。バイオモーション、サイクリング時に動きのある足首などを目立たせることで視認性をあげるべき。
ContrastのC。背景とのコントラストのついたウェアを着用、日中は蛍光色、夜間はリフレクター素材のついたウェアを着るべし。

トレックは自転車メーカーとして声をあげて、サイクリストの安全にかかわる製品開発や啓蒙を積極的に行っています。自転車を走らせるためのパーツだけでなく、乗る人の安全面や、安心感を高める開発精神と、それを実現する技術力が高いブランドだなと改めて感じます。

フロントライトIon(イオン)シリーズにミドルグレードが追加フロントライトIon(イオン)シリーズにミドルグレードが追加、小型リアライトFlare R City(フレアRシティ)

リアライトFlare Rシティ

家電製品に同じく、自転車用のライトでも主流になりつつあるUSB充電式モデル。USB充電式はコンパクトなボディながらも、明るく広範囲を照らせるものが多いです。充電で繰り返し使えるのも経済的です。
ボントレガーのフロントライトIONシリーズのラインナップが増えました。街灯がないような道でも安心の明るさのION800、ミドルグレードの明るさのION350、都市部でのサイクリングにおすすめのスタイリッシュなION 100など。
昨年、フレアRという日中の明るい環境でも、遠くから見て存在が分かる視認性の高いリアライトが登場しました。トレックの本社があるアメリカでの日中の事故数の多さから開発がなされ、とにかく明るく安全性の高いのが特徴です。フレアRの弟的な存在であるフレアRシティはコンパクトなボディながらもしっかりとした視認性に。
明るさはもちろんですが、デザインが洗練されていてカッコいい!クロスバイクにもロードバイクにも、車体を選ばず取付できます。

ページの先頭へ戻る