エンデューロ系のフルサスマウンテンバイクのリアショック部分の写真
MTBってどんな自転車?

マウンテンバイクの特徴

Feature of Mountainbikes

未舗装路やトレイルのような、とても自転車で走破できるとは思えない場所でも走破できるマウンテンバイクをマウンテンバイクたらしめる部分をご紹介。

マウンテンバイクの特徴

オフロードならではの自転車遊びを可能にしてくれるのがこんな特徴を持った自転車=マウンテンバイクです。どんな特徴があるのか、なぜそんな機能が必要なのか、詳しくご紹介します。

MTBの特徴①

幅が広めのフラットハンドル・ライザーバー

MTBのハンドル幅についての考察
マウンテンバイクのブロックタイヤをアップで撮影した写真

MTBの特徴②

デカくてゴツいブロックタイヤ

MTBの特徴③

幅広いレンジのギア段

重いギアが10T、軽いギアが50Tの12段変速用のカセットスプロケットとリアディレイラーのアップ写真
油圧ディスクブレーキキャリパーとローター部分のアップ写真

MTBの特徴④

油圧ディスクブレーキ

MTBの特徴⑤

サスペンション

フルサスマウンテンバイクのリアサスペンション部分のアップ写真

せっかく買うならおさえておきたいスペック

オフロードでの走行をメインに考えているのであれば、こちらの特徴も備えたバイクを選びたいものです。特に1x12のドライブトレイン、剛性が高いフレーム・ハブの規格であるBoost11とBoost148は先輩マウンテンバイク乗りからすると必須です。

押さえておきたいスペック①

29インチと27.5インチ、どっちにする?

29インチホイールのトレックスラッシュの前半分の写真
27.5インチホイールのトレックレメディの前半分の写真
トレイルマウンテンバイクTREKロスコでウィリーをしながら走る様子

29erで決まり!

押さえておきたいスペック②

さよならフロントディレイラー ドライブトレインは1 x 12で!

1 x 12 のワイドレシオリアディレイラーとスプロケットの写真
1 x 12のフロントシングルギアの写真
Boost110ハブの写真
Boost148、XDドライブのリアハブの写真

押さえておきたいスペック③

Boost110、Boost148がマスト!

最後に

ご覧いただいた通りマウンテンバイクは、荒野や山岳地帯での高速走行、急坂の登降、落差の大きい段差越えなどがある、舗装路とかけ離れた路面でのサイクリングに特化した自転車です。

そんなマウンテンバイクにさらに興味が湧いてきた方はぜひ下記のリンクから、具体的な楽しみ方を紹介しているページ選び方のポイントを紹介しているページもご覧になってみてください。さらに下にスクロールするとロードバイクの特徴とクロスバイクの特徴のページもご覧になれます。

マニュアルをしてトレイルを走り抜けるマウンテンバイカーの写真
MTBで遊ぼう!
マウンテンの楽しみ方
How to enjoy mountainbikes
楽しみ方を見る
マウンテンバイクでのトレイルライドののイメージ写真
初心者必見
マウンテンの選び方
How to choose mountainbikes
選び方を見る