マウンテンバイクでのトレイルライドののイメージ写真
初心者必見

マウンテンバイクの選び方

How to choose mountainbikes

幅広い価格帯に様々なタイプがあるマウンテンバイク。あなたはどんなライドをイメージしていますか? そしてどんな性能をバイクに求めていますか? 用途別、特徴別、シリーズ別にカテゴライズした中からイメージにぴったりの1台を見つけましょう。リアサスの有無、サスペンションのトラベル量もとても重要な要素です。

用途で選ぶ

マウンテンバイクを購入したらどのような遊びにチャレンジしてみたいですか? 代表的な遊び方はこの3つ。それぞれに適したバイクをご紹介します。

クロスカントリー

もっともシンプルで軽量なラインナップ。XCレースでの勝利を前提に作られたテクノロジー満載のスーパーキャリバーを筆頭に幅広い価格帯で複数のモデルがあります。

XCモデルを見る
トレイル

あらゆる路面状況、あらゆるアップダウンにも万能で抜群の対応性を備えているのがトレイルバイク。上りでの性能を重視するか下での性能を重視するかでモデル選びが変わってきます。

トレイルモデルを見る
エンデューロ

ダウンヒルの技術とトレイルライドの持久力が共に必要となるエンデューロレースでは、ペダリングの効率、優れたサスペンション性能、そして耐久性を備えたバイクで決まり。

エンデューロモデルを見る

フルサス? それとも ハードテール?

初心者はハードテールなんて誰が言った? 野山を駆け巡るなら初心者にもフルサスペンションタイプが断然おすすめです。

フルサスペンション

前後にサスペンションを搭載したマウンテンバイク。荒れた地形をより快適に、そしてより簡単に操作しながら走ることができるので、実は初心者にも超オススメ。リアサスペンションは、リアタイヤを路面に追従させるため、より高いトラクションが得られるのでバイクをコントロールしやすいです。その反面、リアサスペンションとその構造部品により、重量がより増えてしまいがち。また、リアサスペンションのペダリング時の余計な動きが、特にスプリントやスムーズな登りで効率を低下させることもあるが、ロックアウト機能などの技術により改善されつつあります。難点をあげるとすれば、サスペンションが一つ多いことに加え、フレームの可動部が増えるため、整備する箇所も増えてしまうことかも。

フルサスペンションモデルを見る
ハードテール

フロントサスは搭載しているが、リアサスは搭載しないマウンテンバイク。リアサスが搭載されていない分フレーム構造はとてもシンプルで、フルサスより軽くなり、整備しやすいです。特にスプリントやスムーズな登りで、ペダリングのロスが少なくてすむ。しかし、衝撃を吸収するリアサスペンションを持たないため、荒れた路面をコントロールしながら進むのは、より大変になる。また、荒れた登りでトラクションを失いやすいこともある。例えば、大小様々な岩や枝、剥き出しになった木の根などの凹凸が激しい路面ではフルサスが断然コントロールしやすいが、管理が行き届いている林道や作られた専用トレイルなどはハードテールでも十分バイクコントロールを楽しめるし、ペダリングセクションでアドバンテージが大きい。

ハードテールモデルを見る

初心者にこそフルサス

サスのメリット

ロングストロークサスペンションを搭載したダウンヒルバイクのライドイメージ写真

サスのトラベル量にも注目

サスペンションの伸び縮みする量は楽しみ方をイメージして選ぶのがよいでしょう。トレイルライド向けモデルの中にも120〜160mmまであります。

ストロークが短めのクロスカントリーレース向きマウンテンバイクでのライドイメージ写真

どの程度のサスストローク量が 自分のライドに適してる?

ロングストロークサスペンションを搭載したダウンヒル用フルサスペンションマウンテンバイクで下りのタイトターンを曲がっている写真

おさえておきたい構成

さよならフロントディレイラー

ドライブトレインは1 x 12で決まり!

1 x 12 のワイドレシオリアディレイラーとスプロケットの写真
1 x 12のフロントシングルギアの写真
Boost110ハブの写真
Boost148、XDドライブのリアハブの写真

フレームの剛性が違う

Boost110、Boost148がマスト!

人力? それとも 電動アシスト?

電動アシスト

自分の漕いだパワーを嘘のように増幅してくれるから、ライドの楽しさが倍増されるに違いありません。e-MTBに乗ってもっと高みへ、もっと遠くへ、もっと多くの場所へ、もっと楽して速く行ける。eMTBなら、マウンテンバイクライドをもっと刺激的で達成感のある素晴らしいものにしてくれることでしょう。ファームウェアの更新など自転車らしくない電子機器的な側面が新鮮、新しいモノ好きにはたまらない乗り物です。

e-MTBを見る
一般的なマウンテンバイクのボトムブラケット、クランクセット周辺の写真
ノン電動アシスト

電動アシストマウンテンバイクと比べるととにかく軽量。バッテリー残量を気にすることなくいつでもすぐに出掛けられ、体力の限り思う存分に野山を駆け回ることができます。背負ったり担いだりしなければ登れない箇所が多いトレイルではさらに抜群の機動力を発揮してくれます。クルマのルーフキャリアに積載することも可能です。また、電動アシストよりもメンテナンス性に優れています。

シリーズで選ぶ

バイクプラスで扱っているTREKブランドのMTBをシリーズ別にまとめました。予算的に制約があるならX-CaliberやMarlinが。マウンテンバイクらしい刺激的なライドを楽しむならFuelEX、TopFuel、Slash、Roscoeあたりがおすすめです!

Marlin

控えめな価格設定ながら、あらゆる冒険に対応できるタフなマウンテンバイク。アクセサリーの取り付けも簡単。ダートも街中のガタガタの道でも路面を選ばず走れる1台です。

Marlinを見る
X-Caliber

シングルトラックやロングXCライドで性能を発揮する、高い価値をそなえたクロスカントリーマウンテンバイク。軽いアルミフレーム、高品質のパーツ、想像以上の多才さを備えています。

X-Caliberを見る
Procaliber

革新的なXC レースマシン。ハードテールならではの効率の良さを、IsoSpeedの疲労を減らす快適性と組み合わせ、他のどのバイクにもない走りを実現しているユニークなバイク。

Procaliberを見る
Roscoe

楽しさを追求して0から作ったバイク。これまでフルサスで走っていたような過激なコースも大胆に走り抜けたくなる。シンプルでもっと楽しく。それがRoscoe。

Roscoeを見る
Supercaliber

ハードテールの効率の良さと、フルサスペンションの走破性の高さの両方を兼ね備えている唯一無二のXCバイク。東京五輪も世界選手権も制した話題のバイク。

Supercaliberを見る
Top Fuel

トレイルバイクよりも軽量で機敏だが、難しい下りは本格XCバイクよりも走りやすい。両方の長所をあわせ持つこのバイクは、ダートでの楽しさも格別。

Top Fuelを見る
Fuel EX

MTBを1台持つならこのFuel EXで決まり。バランスの取れたトレイルバイクジオメトリーと改良したサスペンションを備え、シングルトラックでは速く、荒れたセクションでは走破性が高く、どこを走ってもとにかく楽しいバイク。

Fuel EXを見る
Slash

ロングトラベル 29er エンデューロバイク。荒れに荒れた地形を速く、スムーズに、楽しく走れるよう作られている。エンデューロレースやパークでのダウンヒルライドを楽しみたいならこれに決まり。

Slashを見る
Powerfly

パワフルなBosch Performance Line CX ドライブシステムを搭載した、あらゆるアドベンチャーに楽しさを最大限にもたらしてくれる電動アシストマウンテンバイク。

Powerflyを見る
Rail

ロングトラベルフルサス29er EMTB。トレイルでのダウンヒルセクションの楽しさをそのままに、急峻な登り返しをもパワフルに走破できる億劫だった上りも刺激的な体験にしてくれるバイク。

Railを見る
笑顔で応対している接客の一コマ
初めての方必見
自転車購入の流れ
ご来店から、モデル選び、サイズフィッティング、試乗、納車、初回点件に至るまで、バイクプラスでのスタッフとお客様とのやりとりをわかりやすく記事に。
ご購入の流れ 10の安心を保証します!
所沢店の中の様子をガラス越しに撮影した写真
最寄りの店舗で納車できます
「店舗一覧」
バイクプラスは関東に6店舗。
オンラインでご注文&店頭で納車もできます!
店舗一覧 店頭受け取りサービス