MTBセッティングの基本

MTBのポジション設定
ブレーキレバー編

How to set brake lever position of MTB.

初心者の皆様がご購入されたマウンテンバイクでより楽しく快適に、そして上手に乗りこなせるようになるための「ポジション設定の基本」をご紹介するページ。こちらはその「ブレーキレバーのセッティング編」です。ちょっとセッティングを変えるだけで劇的に乗りやすくなるかも?

ブレーキレバーポジションの基本

ロードバイクのフィッティングでは、身体とペダル、サドル、ハンドルの3つの接点の位置関係を自分自身の身体に最適化することで、ほぼ同じ姿勢で長時間サドルに座り続け、長距離ペダリングし続けられるようにします。いわば静的なライディング向けのセッティングとでも言いましょうか。

一方マウンテンバイクの場合は、動的なライディング向けのセッティングになってきます。腰を浮かしながら、身体を前後左右、上下に大きく動かしながらでないと走れないような激しい悪路を走行するマウンテンバイクライドでは、ハンドル、ペダルの2つの接点の状態が安全なバイクコントロールにとっても影響するのです。

中でも、ハンドルを握る手は路面状況やバイクの挙動を正確に把握し、乗り手の意図を正確にバイクに反映させるための重要な役割を担っているわけです。そういう意味ではハンドルの幅や角度などのポジションだけでなく、グリップとレバー類の間隔、そして角度のセッティングやレバーのリーチも重視すべきセッティングと言えるでしょう。

ということでここでは、レバーの角度、リーチ、グリップとの間隔について詳しくご紹介したいと思います。

レバーの角度

ブレーキレバーの角度のセッティングは、「手首に負担のない角度」にセッティングするという考えが基本中の基本となります。手の甲が著しく進行方向を向いたり、逆に激しく顔の方を向いたりしないような位置です。初心者の方はまずはニュートラルなポジションでペダリングをしているときに、ハンドルを握った手首が自然な角度、負担のない角度にセッティングしましょう。手首、肘、肩の可動域を大きく確保できます。

ずっとこのセッティングでも間違いではないですが、マウンテンバイクライドを重ねていく中で、もっとこうしてみようなどという考えが浮かんできたりしたら、それを試してみたりするのが良いでしょう。レバー類はすぐに微調整ができるのでライドの最中にいじってみてもいいかもしれません。

マウンテンバイクを購入してから、富士見パノラマやスマイルバイクパークなどのパークライド、里山トレイルライドに出かけると、そもそもどの姿勢がニュートラルなのかきっと迷宮入りすることでしょう。サドルのセッティングの時にもお話した通りバイクの上で立ち上がって様々な姿勢をとるマウンテンバイクの場合、どのポジション取りがその瞬間ニュートラルなポジションなのか、走るコースの勾配や速度、さらには重心の好みや癖が後ろ乗り気味なのか前乗り気味なのか…などによっても変わってくるものなんです、特に初心者は。

…ではどーするか?ということで基本的な考え方を、ブレーキレバーの角度の違いによる変化を写真を見ながらご紹介していきます。

基本的なブレーキレバーの角度を説明している写真

レバーの角度

基本的なブレーキレバーの角度

水平に近いブレーキレバーの角度を説明する写真

レバーの角度

水平に近いセッティング

垂直に近いブレーキレバーの角度を説明する写真

レバーの角度

垂直に近いセッティング

レバーのリーチ

人差し指一本だけでも確実に制動できる油圧ディスクブレーキレバーのほとんどに、ハンドルグリップからレバーまでの間隔(リーチという)を調整できるような機構がついています。

基本的なリーチセッティングは、無理なく自然に人差し指をかけられるくらいの位置、自然に指が曲がっているくらいのセッティングを目指しましょう。

好みによるところが大きいですが、NGセッティングは明確です。指先しか触れないほど遠すぎるセッティングや、レバーを握った時にグリップを握っている他の指を潰してしまうくらい近づけてしまうのはNGです。フルブレーキをかけた時にレバーがグリップにコンタクトしてしまう状態も絶対に避けましょう。NGセッティングを写真で早速みていきましょう。

レバーのリーチ

ギリギリセーフ?にも見えるけど遠すぎるのはNG

遠すぎるブレーキレバーのリーチを説明する写真

レバーのリーチ

リーチが近くて中指に干渉してしまうのもNG

近すぎて中指を潰してしまう状態のブレーキレバーのリーチを説明する写真

レバーのリーチ

リーチが近すぎて握るとグリップに当たってしまうのは超危険なのでNG

レバーのリーチが近すぎてグリップにレバーが直接当たってしまっている状態の写真

レバーのリーチ

丁度いいレバーのリーチは?

マウンテンバイクを野の花が咲き乱れている草むらで撮影した写真

余談ですが...

パッドが減ってもパッドコンタクト位置(リーチ)に変化が出ない油圧ディスクは最高

レバーの取り付け位置

リーチと同様に重要なのがグリップからどれだけ内側にブレーキレバーをセッティングするか?です。

最近の油圧ディスクブレーキレバーのほとんどが、人差し指一本で操作するような設計になっているため、レバーを適切な位置に固定すれば、レバーを握った時に中指薬指に干渉しない位置にセッティングできるようになりました。写真で見ていきましょう。

レバーの取り付け位置

グリップからどれくらい距離を離して固定するか?

理想的な位置

レバーの取り付け位置

ナイスなセッティング

グリップから遠い位置にレバーをセッティングすることで人差し指一本でブレーキレバーを握れるように。これが理想的なレバーの取り付け位置。

レバーの取り付け位置

NGセッティング

オール電化

最後に

以上がマウンテンバイクのブレーキレバーのセッティングに関する基本的な考え方になります。六角レンチやトルクスレンチがあれば簡単にブレーキレバーやシフトレバーの位置は動かすことができますので、色々とセッティングを変えて、トレイルでダイナミックにバイクをコントロールできるレバーセッティングを探してみてください。

また、レバーの握りやすさやハンドル幅が関係している場合もあるのでそちらも頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

マニュアルをしてトレイルを走り抜けるマウンテンバイカーの写真
MTBで遊ぼう!
マウンテンの楽しみ方
How to enjoy mountainbikes
楽しみ方を見る
マウンテンバイクでのトレイルライドののイメージ写真
初心者必見
マウンテンの選び方
How to choose mountainbikes
選び方を見る
青い空、白い雲、緑の山をバックに、ダウンヒルの最中に高くジャンプするマウンテンバイクの写真。
MTBセッティングの基本
マウンテンバイクでダートを楽しもう!
MTBセッティングの基本 MTBを選ぶ