スタンドにかかっているスポーツバイクにしっかりとかけられているケーブルロックの写真
盗難されにくい

自転車の鍵のかけ方

How to lock your bicycle.

折角買った大切な自転車が盗まれてしまったら大変!ということで盗まれにくい鍵のかけ方をご紹介します。サイクリングを楽しむためにいい自転車を買ったけど、出先で盗まれるのが不安で...という声もよく聞きます。少しでもその不安が減りサイクリングをもっと楽しめるようになれば。

盗難の手口

巨大ニッパで太いケーブルロックを切断する写真

どのようにして盗まれる?

一般的な駐輪場の写真を掲載していますが、写真はあくまでもイメージです。撮影した場所が盗まれやすい場所という意味ではありません。

どのような場所が盗まれやすい?

イベント会場やレース会場など、沢山の高級自転車が集まっているような場所のイメージ写真

サイクリングイベントでも注意!

盗難率を下げる鍵のかけ方!

カギのかけ方をちょっとでも工夫すれば盗難率は格段に下げることが出来ます。普段のちょっとした心がけで盗難を防ぎましょう!

フレームと後輪を囲う

ペダルとクランクそれにサドルを柱に立てかけるようにしてフレームを傷つけないように、後輪とフレームをケーブルロックで施錠してある車体の写真

高い位置に掛ける

高い位置に鍵をかけている写真

鍵を複数個付ける

後輪とフレームを柱に鍵で括り付け、前輪とフレームをもう一つの鍵で施錠している車体の写真

複数台のバイクを一緒に施錠

複数のロードバイクを重ねて並べて複数のケーブルロックをかけている写真

盗難防止にこんなものも!

オルターロックをダウンチューブのボトルケージ台座に取り付けた状態

アラーム&通知とGPS機能で超安心

アイフォンユーザにおすすめ
Knog Scout(ノグ スカウト)
あのAppleとKnogが夢のコラボ。なんとAirTag"探す"機能を搭載した振動感知防犯アラーム。
商品詳細を見る
売れてます!
¥9,680

最後に

スポーツバイクはシティサイクルと比較するとかなり盗難率が高いです。車などに比べると足がつきにくく盗まれてしまうともう二度と戻ってこない場合も多いです。

盗難保険などを利用するのも良いですが費用もなかなかのものになりますし、保険期間も短かったりするものです。

できる限り盗まれないようしっかり鍵をすること、駐輪する場所に気を付けることなど、自己防衛策を徹底することが大切です。

FAQs

2つ以上の鍵、どこかに括り付ける、盗難防止ブザー、GPSトラッカーなどの使用がおすすめ。中でもKnog Scout(ノグ スカウト)はApple社AirTag機能を搭載した、万が一盗まれた時も探すことができる防犯ブザー。「簡単に盗めない」と思わせることが肝心です。

鍵がなくてもちょっとくらいなら大丈夫だろうとカフェやコンビニに立ち寄った隙や、イベント・レース会場などここなら盗まれないだろうと思っているような場所こそ用心しましょう。