2023 TREK Domane SLR7 Gen4 プロジェクトワン

自分オリジナルのカラーデザインを選ぶことができるトレックのカスタムオーダープログラム『Projectone(プロジェクトワン)』。TREK U.S.A.本社ファクトリーで受注生産される贅沢なプロジェクトワンバイクのカスタム例をご紹介していきます!

オーダーを頂いたDomane SLR Gen4「ProjectOne」納車前に写真を撮影させていただきましたので、ぜひカラー選びの参考にしてみてください!

新型Domane SLRについての詳細はこちら

TREK Domane SLRのこだわりポイント

ドライブ側から見たTREK Domane SLR7 Gen4
ペイントパターンはSelect、カラーはMetallic Red Smoke to Red Carbon Smokeを選択。
フレーム上部はラメ塗料が入った鮮やかな赤から下部に行くにつれ光を当てると素材のカーボンが透けてみえる特殊な塗料で高級感のあるダークな赤に変化。同色でまとめていながらも濃淡のメリハリがあり、引き締まった印象のデザインに仕上がっている。
TREK Domane SLR7 GEN7のシートチューブ

 シートチューブには王冠を被ったライオンのマークが刻印されている。Domaneはラテン語で王冠を意味する。

Domane初のOCLVカーボン800Series採用 より高剛性かつ軽量に

TREKのOCLVカーボン800
前作のGen3からDomaneの特徴である快適性は損なわず、700 Series OCLVカーボンから最軽量の800 Series OCLVカーボンに変更することで軽量化に大きく貢献。約300gの削減に成功した。

ホイールはBontragerで人気のカーボンホイールAeolus Pro37 

右側から見たボントレガーのホイールとタイヤ

ホイールはオールラウンドに走りたい思いからAeolus Proの37mmハイトを選択。タイヤはオーナーが慣れ親しんだクリンチャータイプのR3でタイヤ幅はホイールとの相性から700×28Cに決めた。

シマノアルテグラR8100シリーズDi2を搭載

TREKのドマーネに搭載したULTEGRA

コンポーネントはSHIMANO製の電動シフトであるアルテグラDi2に。

スピーディかつ殆どブレのない正確な変速や軽い力でコントロール性に富んだブレーキなどコンポーネント選びに迷ったら、おすすめしたいモデル。

BontragerのRCSステムとブレンダーシステムでハンドル周りがスッキリ

TREKのBlenderシステムとRCS PROステム

新型のドマーネとともに開発、一新されたRCS RROステムはブレーキホースの露出を極限まで減らすことに成功している。

またTREKのステムとハンドル周りのアクセサリーを一体化できるブレンダーシステムを装着。ライトマウントとサイクルコンピューターマウントを取り付けることで、直接ハンドルに付けるよりも見た目はスタイリッシュに固定力も格段によくなっている。

Bontrager Flare RTをサドルに取り付け

サドルにもテールライト用のブレンダーパーツを取り付けた。すっきりとした見た目とライトの脱着を容易にしている。

今回のプロジェクトワンの概要

ベース車体:DOMANE SLR7 GEN4
ペイントパターン:Select
選択カラー:Metallic Red Smoke to Red Carbon Smoke
コンポーネント:SHIMANO Ultegra R8100 Di2
ホイール:ボントレガー アイオロス Pro37
ハンドル:Pro IsoCore VR-CF
サドル:Verse Short Elite

港北店スタッフのプロジェクトワン購入日記(前編)

港北店スタッフのプロジェクトワン購入日記(後編)


プロジェクトワンで選べるカラーをカラフルに表示した画像
カスタムオーダープログラム

Project One

プロジェクトワン-世界に1台の自分だけのバイク

バイクプラス横浜港北N.T.店

こちらのブログは私たち港北店スタッフが書きました!